歯の本数が足りない

「大人の歯(永久歯)が足りない」という方はたまにおられます。
対処方法としては、矯正治療、インプラント、ブリッジ、移植、経過観察、それらの組み合わせなどさまざまです。
このような場合、できるだけ早めに相談にこられることをおすすめします。それだけ条件もよく、選択肢も多くなるためきれいになりやすいからです。

治療例です。

下あごの前から5番目の歯が2本先天的に欠如しています。
総合的に判断して上あごを2本抜いて矯正治療のみで改善しました。

矯正のみでやるメリットはすべて自分の歯でかめるようにするということ、出っ歯や、でこぼこも一緒になおすことができ、長期に安定することがあります。

治療が終わると後は維持していくだけですので、将来を考えると有効な予防方法だと思います。

治療前

治療後