あいうべ体操
月曜日, 1月 23rd, 2017更新

口呼吸から鼻呼吸へ、だれでもそう思っているはずですが、
なかなかできていないのが現状のようです。
今井先生の講演で「歯のプラークコントロールと
鼻呼吸で多くの病気や症状を改善予防できるんです、薬も減らすことができるんです」
というフレーズに非常に共感しました。
興味のある方は、ユーチューブやwebで調べてみてください。

矯正用インプラント勉強会
月曜日, 5月 11th, 2015更新

先日、矯正用インプラントアンカーの勉強会に参加しました。
材料と技術の進歩のおかげで、矯正治療をよりよくしていくことが
可能となっています。
当院でも、矯正のインプラントが必要な方には、使用しています。
痛みはほぼ心配しなくて大丈夫で、しかも安全です。
歯茎についている小さなくぎねじのようなものが、インプラントです。

矯正学会にて
金曜日, 10月 31st, 2014更新

10月21日、22日と日本矯正歯科学会にいってきました。
今年は千葉マリンスタジアムの近く、幕張メッセで行われました。
スタッフも初めて学会にいって、しっかり勉強できたようです。
筋肉の訓練を行うといった矯正と関係なさそうな分野についてみんなで情報を共有できたことは良かったと思います。患者さんにもお伝えしていこと思います。

水害状況について
金曜日, 8月 22nd, 2014更新

先日の雷雨のため、水害に遭われた方におきましては、お見舞い申し上げます。
また、多くの方にご心配いただきまして、本当に有り難うございました。
かたしば矯正歯科は、幸いにも大丈夫でした。
通常どおり診療しております、宜しくお願いいたします。

日本矯正歯科学会にて
水曜日, 12月 11th, 2013更新

先日日本矯正歯科学会に参加、認定医の資格試験を受けてきました。
10症例をそれぞれのカテゴリーから選んで発表するというなかなか厳しい試験だと思います。
お世話になったいなみ矯正歯科居波徹先生にアドバイスいただきながら、なんとかパスすることができました。
今後も謙虚にお仕事していこうと思います、皆様宜しくお願いいたします。

福知山マラソン
金曜日, 10月 4th, 2013更新

だいぶ前からあいだが空いてしまいました。
ここ福知山では、花火の事故、台風による被害によって毎年恒例の行事が中止されております。
11月に行われる予定であったマラソンも中止となり、少し残念です。

さて患者さまから矯正を終えた後の感想手記を頂きました。このようなお手紙を頂きまして嬉しく思います。有り難うございました。

相談内容から
月曜日, 2月 18th, 2013更新

久しぶりの投稿となりました。
今回は、メールでのお問い合わせが多い内容をのせます。

質問1 上の歯の歯並びが悪くて悩んでます。歯の矯正はとても高いイメージがあります。部分矯正があると聞いたんですけどだいたいの金額と治療期間を教えてもらえませんか?

このような質問をいただきました。まず、前歯の見た目で悩んでおられる方が多く、前歯だけで治療が可能かどうかがポイントです。凸凹が軽度の場合で、部分治療によって、奥歯の噛み合わせに影響がないようでしたら、部分矯正は可能かと思われます。しかしながら、歯のでこぼこが大きかったり、出っ歯の程度が大きければ、歯を抜いて抜歯したほうがよい場合が多く、全体矯正の適応となると思われます。
部分矯正の場合は、例えば上の前歯のみでしたら15万くらい、上下ですと30万くらいになると思われます。やり方も透明なプラスティックを使用したり、裏側から装置をつけたりする方法もあります。

質問2 八重歯が気になり矯正治療を考えています。しかし、治療費のことが問題でなかなか治療に踏み出せないでいます。治療費や期間は内容によって違うのもなんでしょうか。また、支払い方法などは、相談に応じていただけるのでしょうか。

費用に関する質問です、治療費は部分矯正か全体矯正かによって、異なります。全体矯正の場合、学生から大人の装置料でだいたい58万〜75万くらいと内容によって異なります。また期間も歯をぬかなければ、1年くらいで終わる場合もありますし、歯を抜く場合ですと2年から3年くらいかかるのが一般的です。支払いに関しましては、治療期間内に何回でも分割していただいて大丈夫です。手数料はかかりません。

矯正の場合、先天性異常の場合か、外科的矯正治療の場合を除いて自費診療となりますので、治療費の悩みがあります、上記のようにお気軽に相談していただければと思います。皆様からのお問い合わせお待ちしております。

学会にて
火曜日, 10月 16th, 2012更新

日本矯正歯科学会が盛岡市で行われ、私もポスター発表して参りました。

早期治療の意義についての講演がありました。現在私の医院でも小学校低学年から治療を開始される方もたくさんいらっしゃいますが、早期治療をすすめる理由はいくつかあります。
まず、早期治療によって将来ブラケットと呼ばれる針金をしなくてもすむ可能性があるのです。これは、虫歯になりにくくなるといった本人のメリットがある他、経済的にも費用を抑えることが可能なのです。また本格矯正の期間が短くなるということもあるでしょう。さらにこれはまだ議論されうる所なのですが、顎整形力をかけやすい低年齢から治療することによって、早期改善と、それ以降の良好な成長を促進するといったメリットもあるでしょう。
一方、デメリットとして、期間が長く感じる、本人が治療の意識をしにくい低年齢からはじめないといけない、といったことがあげられるでしょう。
ですので、メリットデメリットを理解していただいた上で、治療時期を相談し決定していくのが大切なのだろうと思います。早期治療を改めて考えるよい機会でした。
友人によると、盛岡の食べ物といえば、冷麺、じゃじゃ麺、わんこそば、小岩井製品ということでいただいてきました。盛岡の辺りは、奥州平泉の頃から栄えていた歴史のある地域で、自然も多くて雰囲気もよく、気持ちよく過ごせました。

8020?
火曜日, 9月 25th, 2012更新

こんにちは、朝晩涼しくなってきましたね。毎朝ベランダで朝日を浴びながら新聞を読むようにしていますが、風も吹いていて気持ちが良いですね。
さて8020運動は、もはや巷では、おなじみになっておりお目にした方も多いと思いますが、「80歳で20本自分の歯を残そう!」というスローガンです。20本あればおいしく物が食べることです。
最近の調査によると達成者は実に38%にもなるそうで、6年前の24%から大幅に増えています。これはすごい伸びだなーと思います。歯に対する意識の高さが表れているなーと感じます。広告や宣伝もあって「歯磨きの大切さ」「検診の大切さ」などの認知がされているのかなと思います。最近歯医者さんも急激に増えていますので、啓蒙活動のおかげもあるのかなと少し嬉しくもあります。歯を長く維持させるためには、かみ合わせの矯正はとても大切だと確信していますので、しっかりと診療させていただこうと思っております。
さて矯正治療を終えられた方の紹介です。高校生の男子で受け口が主訴です。本人はいやいやながらお母様につれて来られました。

前歯の反対咬合とでこぼこが全体としては上手くかめません。また前歯の歯茎に退縮がみられ、今後ますますすすんでいく可能性があります。なんとか本人を説得?して治療を終えました。2年間かかりました。

本人は大変満足してくれています。今では積極的にかよっていただけるようになりました。お母様に感謝ですね。このようにかみ合わせを整えておき、あとはしっかりメインテナンスすれば、きっと8020ないし8024は可能であると思います。

顎の手術?
火曜日, 9月 11th, 2012更新

さて、もともと受け口の方で成人になられて下顎が大きくて反対咬合や顎がずれてかめないという場合があります。 程度が大きくなければ「歯列矯正」のみで治りますが、現在は医療技術が進歩しており、顎手術という方法があります。 これは美容整形とはちがい、上下の顎のバランス、噛み合わせを理想的にするものです。 顎の手術とはテレビでさも恐ろしいようなことがいわれていますが、一般の方にはかなり誤解を与えるような気がします。正しい知識と理解があれば、心配なことはないと思います。 受け口だけでなく、上顎が前にでている、横にずれているなどの改善が可能で、保険治療の適応となります。 「あごのかたち」船木純三著 という本があります。顎のずれが大きい歯科医師が実際手術を受けた手記をまとめたのです。お悩みの方は参考まで。 上記のことであきらめておられる方、お悩みの方はまず、ご相談だけでも受けつけております。